名称未設定-1.gif
重機土工のプロフェッショナル集団



sign.jpg


HOME > 一般事業主行動計画

私たちは、従業員が仕事と子育て・家庭生活を両立しながら個別に有する能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うため、以下の策定を行ないます。


策定日:平成27年9月30日
駿河重機建設株式会社行動計画
当社においては、平成27年9月30日現在、全従業員のうち男性20名(内未婚者6名)、女性2名であり、対象家族においては、高齢化が進んでいるのが現状である。
よって、従業員が仕事と子育て・介護等と家庭生活を両立しながら個別に有する能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うため、以下の対策を行う。
第1期(平成24年10月1日~平成27年9月30日)においての実績をもとに、更に制度の促進利用を促す。
1.計画期間平成27年10月1日~平成32年9月30日までの5年間
2.内容
目標1:子供の出生時に父親が取得できる休暇制度の導入
<対策>
・平成27年10月~社員のニーズの再把握、再検討
・平成28年1月~制度の推進促進
目標2:育児、介護における休業制度を上回る制度の導入
<対策>
・平成27年10月~社員のニーズの再把握、再検討
・平成28年1月~制度の推進促進
目標3:育児休業後における原職又は原職相当職への復帰のための、業務体制の見直し
<対策>
・平成27年10月~社員へのアンケート再調査、問題点の再検討
・平成28年1月~制度の推進促進
目標4:小学校就学前の子を持つ社員が希望する場合に利用できる短時間勤務制度の導入
<対策>
・平成27年10月~社員のニーズの再把握、再検討
・平成28年1月~制度の推進促進
目標5:所定外労働を削減するため、ノー残業デーの設定、実施
<対策>
・平成27年10月~社員へのアンケート再調査、問題点の再検討
・平成28年1月~ノー残業デーの実施(毎週水曜日)厳守
目標6:年次有給休暇の取得の促進
<対策>
・平成27年10月~現況の年次有給休暇取得の再把握
・平成27年11月~社員のニーズの再把握、再検討
・平成28年1月~制度の推進促進
目標7:男女共同参画社会づくり宣言の実施
従業員が子育て及び介護をしながらも働きやすく、将来も働き続けられる職場環境の改善、及び制度への支援
<対策>
・平成27年10月~制度の推進促進
目標8:家族等の介護に伴う支援
<対策>
・平成27年10月~社員へのアンケート調査による現状の把握
・平成27年12月~現状に対する支援の検討(制度他)
・平成28年4月~要望者に対する支援